ダイエット初心者でも、体脂肪率20%以下の体になるには?

SNSでも話題の筋膜リリースローラーの効果的な使い方

“らんみか”

こんにちは!
筋トレダイエッターのらんみか(⇒プロフィール)です!

今回は、

筋膜リリースローラーを使うときの注意点

を、よくある疑問と一緒にまとめます!

筋トレ初心者の方や筋膜リリースを始めてみたという人も多いと思います。

筋膜リリースのサイトを調べてみるとどうにも難しい言葉が多いですが、ポイントを抑えてやれば大丈夫です!

*筋膜リリースローラーの疑問
  • 痛ければ痛いほど筋膜リリースは効く?
  • 毎日やってもいいの?頻度は?
  • 筋肉痛があるときはやってもいい?
  • 何分間ぐらいやればいいの?

“らんみか”

筋膜リリースローラー、SNSでも「痩せる」って人気ですよね!正しく使えばホントにすごく効果があるようなので、筋トレを合わせて使っていきたいです!

筋膜リリースの正しい使い方は?

筋肉をほぐしたい一心で、ローラーに全力でゴリゴリしている人は、実はNGなんです!

痛いのは効いてる証拠だ!って思っていませんか?

筋肉に痛みの刺激が入ると、脳が危険だと判断し、むしろ筋肉を縮めて固くさせてしまいます。

せっかくほぐすためにやってるのに逆効果になってしまうので、全体重をのせる勢いでゴリゴリしている人は注意してください!

ちょうどいいのは、「気持ちいい」と感じる強さ

自分が気持ちいいと思える程度の強さでやるようにしましょう!

痛みの感じ方にも個人差があるので、まずは弱い力での筋膜リリースからスタートして、狙った効果を実感するまで徐々に強めていき、一番良い力加減をみつけてください。

以下、ローラーに限らず筋膜リリース自体の注意点になります!

どのぐらいの頻度でやるのがいい?

筋膜リリースは毎日やっても問題なし!

筋肉は日常生活でも凝り固まっていくので、無理せず続けていくのがポイントです。

疲れが気になる部位は頻繁にやる

例) 立ち仕事の人→下半身(腰、太もも、ふくらはぎ)

   デスクワークの人→肩、首、背中

仕事や生活習慣によって疲れを感じる部位は人それぞれ。

毎日全身の筋膜リリースをするのもいいですが、続けやすいのは気になる部位だけやること。

やるなら「1日3回まで」

一つの部位の筋膜リリースは、1日3回までにしておきましょう。

やりすぎてもよくないので注意が必要です。

理想は朝、昼、夜の3回。

筋肉痛のときにやってもいい?

ケガしているときの筋膜リリースはやらないほうが良いですが、筋肉痛のときはやってもOK!

むしろ筋肉痛に効果的なのでやったほうが◎。

筋肉痛が和らいで早く治るようになるので、無理をせずにやってみてください。

どのぐらいの時間やればいい?

筋膜リリースの効果を出すためには、一つの部位を90秒〜3分間伸ばしましょう

MEMO
最初の約10秒はエラスチン線維が伸びます。気持ちいいと感じながら伸ばし続けると、90秒〜3分間くらいでコラーゲン線維の制限がリリースされ、筋膜のよじれが解きほぐされていくと言われています。

ゆっくり深呼吸しながらリラックスしてやってください。

まとめ

・筋膜リリースは痛気持ちいい具合でやる。
・毎日やって大丈夫。

・筋肉痛があってもやって大丈夫。

・1日3回、90秒〜3分。

トレーニングに上手に取り入れて、ボディメイクの効率アップを狙いましょう!

では最後まで読んでいただきありがとうございました!