ダイエット初心者でも、体脂肪率20%以下の体になるには?

【脚トレ】レッグプレスで足が太くなった人が確認したい3つのポイント

“らんみか”

こんにちは!
筋トレダイエッターのらんみか(⇒プロフィール)です!

今回は、

レッグプレスを頑張ったら、脚が太くなった

話について書こうと思います。

私がやったトレーニングは、70キロ×10回 2セットを毎日です。

同じように足が太くなってお困りの方に届けば嬉しく思います!

レッグプレスで鍛えられる部位

ちょうどこのあたり!

レッグプレスで鍛えられる部位は”太もも全体、お尻”ということで、美脚には欠かせないマシンですね。

それゆえに同じお悩みを抱える女性トレーリーも多いのでは?と感じています。

太ももの後ろ&ふくらはぎもボリュームUP

私の主観では、太ももの付け根に加え、横から見るとお尻から太ももにかけてのラインが大きくなった感じと、ふくらはぎが張り出た感じがしました。

正直、太ったように見えてかなりショック…!!なので、いくつか足が太くなる人の特徴をまとめてみました。

レッグプレスで足が太くなる人の理由3つ

1,もともと足の筋肉が少ない
2,筋トレ初心者
3,重さが合っていない
だいたいこの3パターンなようです。
 
 

1,もともと足の筋肉が少ない

足の筋肉が少ない人は、筋トレによって筋肉が大きくなったことにより足が太くなると言われています。

下半身太りが気になっている人ほど太くなっているかもしれません。

MEMO
足のむくみを解消したくて筋トレを始めた人ほど、足が太くなりやすいかもしれません。むくみやすい人=足の筋肉がない人ということなので、筋トレの効果が出ているんだ!と自分を褒めましょう。

一度筋肉が増えた後、その筋肉が作用して脂肪もなくなっていきます。なので1度足が太くなった後、細くなっていくということですね。

2,筋トレ初心者の人

上記した点と似ていますが、太ももの付け根をトレーニングしていない人は太くなる傾向にあるようです。

前ももは日常生活で鍛えられますが、後ろももや内ももは鍛えにくい部位ですので、マシンを使って鍛えるのが大切な部位になります。

3,適切な重量を設定できているかどうか

早くトレーニングの成果が欲しくて、重すぎる重量でトレーニングしていませんか?

負荷をかけすぎると筋肉が育ちすぎて、一時的に太くなっている可能性があります。

“らんみか”

私はトレーナーさんと相談して、60キロから始めるようにしました!

解決策は「続けること」

トレーナーさんにも相談しましたが、やはり続けていくことが近道のようです。

筋肉が増えてから脂肪が減るまでのタイムスケジュールをカンタンにまとめてみました。

レッグプレスのトレーニングの進め方&足の変異

STEP.1
重さと回数を意識して、正しいフォームを覚える
STEP.2
1ヶ月後
トレーニングに慣れ、筋肉を上手に動かせるようになる
STEP.3
3ヶ月後
脂肪と増えた筋肉で太く見える時期
STEP.4
6ヶ月後
脂肪が減って、筋肉の割合が増えてくる

これなら頑張って続けてみよう!って思えますね。

足は太くなったけど、まさかの下腹部が先に激ヤセするレッグプレス

レッグプレスは下半身の筋トレ。下腹部が先にびっくりするほど痩せます。

全身鏡で見た時にバランスの良い体型に変わってきています。

MEMO
へそまわりの”浮き輪肉”が気になる人はぜひレッグプレスもちょうせんしてみてください!