おでこをキレイに広くしたい!デザインや形は?脱毛に失敗しない方法

“らんみか”

こんにちは!
狭いおでこを拡張したらんみかです!

おでこが狭いから広げたいけど、どんなふうに広げたらいいか迷ってる!

という人のために

おでこの形やデザインと、脱毛に失敗しない方法

をまとめました!

おでこのデザインってどんな種類がある?

ひたいの形は、主に3種類に分けることができます。

丸型

生え際が丸く、アーチ型になっているひたい。優しい雰囲気の顔になります。

富士額

富士山を逆にしたような生え際の形をしているひたいのこと。日本人っぽい顔立ちや、上品な雰囲気になります。

M字型

Mの字のように見えるひたいのこと。眉の横あたりの髪が内側まで生えている人もいます。

どちらかというとカッコイイ雰囲気の顔になります。

どんなおでこを手に入れたい?

改めて自分のひたいの形をチェックして、どこをどう変えたいのか細かく調べてみてください。

“らんみか”

私の場合は、富士額でした。ただでさえ狭いのに、おでこの真ん中にも生え際が侵食しているのを直そう!って決めたよ。

キレイな額のアイディア【例】

・おでこを全体的に広げたい→生え際を丸型に広げる
・富士額を無くしたい→生え際を直線にする

顔のバランスもチェックして

おでこを広げたい!という一心でひたいのデザインをしても、顔の全体バランスを整えないと、ただただ顔の面積が広がるだけになってしまいます。

唇の位置、目の大きさ・高さなど、総合的に見ていきましょう。

人気のデザインは?

人気No,1は、丸型のひたいです。

クリニックの方に聞いてみたところ、

「狭いひたいを広げつつ、丸くキレイな生え際にしたい!」という女性が多いそうです。

“らんみか”

丸くてキレイなおでこって外国人みたいだし、最近の流行りだそうです!

デザインを失敗しないためには?

理想の広さよりも、拡張は少し控えめにしておくことがポイント。

「せっかくお金払うんだし、もう少し広げとこ〜!」なんて勢い余って脱毛してしまわないように注意してくださいね。

失敗したら、二度と戻せません!!

怖いことを言うけど、残念ながら生え際脱毛は失敗してしまっても元には戻せません。

おでこ脱毛に失敗している人はいます。

おでこ脱毛で後悔しないために

おでこ脱毛はせっかくカワイくなれるチャンス。後悔しないように、以下のポイントを押さえてください。

  1. 理想のおでこのデザインを、細かいところまで決める
  2. レーザーをあてる部分は、理想より少し控えめの範囲にしておくこと
  3. 決めたデザインを、細かくしっかり脱毛サロンに伝えること
  4. とにかく慎重に!

少しずつ脱毛するのも◎

一気に脱毛せず、少しずつ脱毛範囲を広げていくという手もあります。

その方が失敗する確率は減るので、クリニックや脱毛サロンの回数を確認してみてください。

まとめ

おでこのデザインによって、脱毛後にできる髪型も広がります。

とにかく広げすぎには注意して、理想のおでこをゲットしよう!!